現場で働く先輩からの声と仕事内容:本部での営業業務
バイヤーとして納得するまで交渉を行う。
結果が見えることで達成感も格別に味わえますね。

課長代理 宮川慎二さん
営業統括部 第一営業課 バイヤー(平成22年入社)

平成22年4月 春光店店長
平成23年4月 営業統括部バイヤー

1 先輩の声

お客様の手元に届くまでを見届ける。

前職も含めるとバイヤー業務は15年以上となります。バイヤー業務の魅力は、自分が厳選した商品をお客様に選んでいただいた時です。 とても嬉しいですし、やりがいの一つです。

同僚も含めて困っている人を助けたり、仲間意識というか、協力体制はしっかりしている会社ですね。 それがこれからも引き継がれていくと思います。


2 仕事内容

  • 商品の価格交渉

    商品の価格交渉

    ライバル他社よりも1円でも安くお客様に提供するために、納得するまで取引先と交渉します。

  • 新しい商品の発掘

    新しい商品の発掘

    我が社が扱っていない売れ筋商品を発掘するために、ライバル他社や生産地に足を運び、海外を含め、新規取引先開拓をします。

  • 店舗の陳列状況の確認

    店舗の陳列状況の確認

    販売状況を確認し、指示通り業務が行われているかどうか各店舗を巡回し、改善・指導を行います。

3 入社から現在までの流れ

ダイゼンはまだまだ伸びしろがありそうで、
いままでの経験を生かせる職場だと感じました。

札幌のホームセンターや旭川のスーパーでバイヤー業務を経験後、ダイゼンに中途採用で入社しました。

ダイゼンはまだまだ伸びしろがありそうで、今までの経験を生かすことができる、やりがいがある職場だなと思い選ばせていただきました。


入社後すぐ店長に任命。
ダイゼンの流れを学ぶ大切な機会に。

前職が同業種だったということもあり、入社してすぐ店長をやらせてもらえたのはとても大きかったです。
約1年ほど店長業務に就きましたが、様々な店舗業務を通してダイゼンの流れを学ぶことができたのは、とても大事な機会でしたね。


店長からバイヤーへ。

その後、本部でバイヤー業務に就き現在に至ります。自分の意見を取り入れてくれる会社だと思います。 あらかじめ決められた商品政策の範囲内ではありますが、私自身の経験を活かし、商品選定を判断できることが魅力です。

今後は、積極的に後輩を育てる立場になっていかなきゃいけないと思っています。 なかなか伝わらない時もあるし、あんまり言いすぎるとやる気をなくしちゃうし、指導することは難しいですね。 自分は怒られて育ちましたけれど、今の時代にあったやり方で、相手の立場に立つよう気をつけています。 こちらから「これやって」と言わないで「自分でどういう風にやりたいか?」を聞きながら、「まずやってみろ」スタイルを心がけています。